【多汗症を治す.com】〜多汗症の汗〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
takansyou21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは多汗症の汗について、詳しく説明しています。

多汗症の場合、通常では発生することのないほどの異常な量の汗が出ます。汗は人間が自身の体温調節を行う為の大事な機能です。体温が高くなると汗が分泌され、汗が蒸発する際の気化熱によって体表面の温度を下げることで体温を下げる働きがあります。このような時に出る汗を温熱性発汗と呼びます。
汗は体温調節時以外にも分泌されます。精神的に緊張した時に出る、いわゆる「冷や汗」という汗もありますが、この場合は精神性発汗と呼ばれます。
他にも辛いものを食べた時に出る汗は味覚性発汗と呼ばれ、唐辛子入りの料理などを食べると汗をかくのがそれです。熱い料理でも冷たい料理でも関係なく発汗します。
多汗症の汗は上のどの場合でも量が多いのが特徴ですが、比較的精神性発汗に影響が強い傾向にあります。

汗にはこのように色々と種類がありますが、その成分は大きく変わることはありません。どの種類の汗でも99%が水で構成されていて、水以外の成分は塩化ナトリウムや微量の尿素や塩素、カルシウム、マグネシウム、乳酸などの様々な化学物質が含まれています。その時の体調や出る汗の種類によって、成分に多少の変動はあるものの、大部分はやはり水で出来ているのです。


⇒ 多汗症とは

⇒ 原因について

⇒ 症状について

⇒ 多汗症とワキガ


sponsored link



copyright©2013  【多汗症を治す.com】〜多汗症を治す方法〜  All Rights Reserved